--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.04.24(Sun)

11-061 大石家@多治見市

ついに本店のチャーシュー麺と御対面です。

oishiya_tajimi_chasyu
チャーシュー麺 1,000円

どーですか、この大きさ。隠れて見えないものも合わせて7枚。
しかも厚さは1.5cmはある。
麺は肉の隙間から取り出さなければありつけません。
早く救出しないと伸びてしまいますが、この肉がまた食べ応えありすぎ!
直径5cmはゆうに超えるため、とても一口では食べられません。
このチャーシューはある程度スープを吸わせたほうが旨いのですが、
そんな余裕をかましていると、最後にこの枚数をまとめて食べなければならない。
まぁ、いっぺん食べてみたかったので注文しましたが、やはり並で十分なのです。

というわけで、ビニール袋をもらって肉を持ち帰ることも可能ですが、
今回は小ライスもパスしたこともあり、意地でも食べきってやろうと。
あー、旨かったけど辛かった。

タグ : 中華そば

22:00  |  多治見市  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんにちは。

かなり昔は、向こうが見える位薄く、口の中で丁度とろけると言ってみえました…麺が少ないと言えば、スープを飲めば満腹になるとも。確かにそうなんですが…今は、スープまで飲めない位のチャーシューの大きさですね!
りんたろう | 2011年04月25日(月) 12:58 | URL | コメント編集

こんばんわ。

そんな時代もあったのでしょうか。
このたたずまいを見る限り想像できません・・・
しんだま | 2011年04月26日(火) 00:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/958-b6ab880d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。