--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.04.23(Wed)

08-58 満福@春日井市(2)(09年、智勇に改称)

何だか無性につけ麺が食べたくなったのですが、
名古屋まで出てくる根性がなかったので、春日井で手を打つことに。
今日は萬福で食べてみようかと。
3つしかないメニューの中で一番出ているという、
つけ麺のボタンを押して席に着いて、店内や厨房の様子を観察していると、
厨房の奥では長髪の、しかも金髪の兄ちゃんがワシの麺を茹でている。
しかもバンダナとか頭巾を被るわけでもなく。
それだけで判断するのは申し訳ないですが、ワシはもう諦めました。
だって、ネガティブなことばかり次々と脳裏をよぎってしまうんですもの。
一見の客にこんな勝手な想像をさせていいものだろうか?
偏見だろうが何だろうが、客は見たままを感じるものです。
ラーメン屋として求められるもの・・・ラーメンのクオリティもさることながら、
基本的に客商売ですから、接客やイメージも大切です。

manpuku_tsuke
つけ麺(大盛り)800円

まさかつけ麺まで二郎系だとは思わなかったです。
気を取り直そうにも、もう、ヘロヘロです。

つけダレは豚骨ベース。
食べるほどに魚介を感じてくるのですが、残念ながらパンチがない。
もともとそんなに濃さは感じないので加速的に味は薄くなるし、
ある程度つけダレがぬるくなることは覚悟していたものの、
最後には「冷たい」とさえ感じました。
ニンニクが利いているわけでもないので、
そんなつけダレにキャベツやモヤシが絡むわけもなく、
(濃ければ箸休めぐらいにはなるのでしょうか・・・)
ただ、ただ、わけのわからんものを食っているという感じ。
肉も妙にザラついていて、良い印象はなし。
せいぜい麺の歯応えはよかったと申し上げておきましょう。

まぁ、二郎系の好き嫌いというのがあるので、
好きな人はそれでいいのかもしれませんが、
少なくともワシは受け入れることができません。
見事にKO負けです。

タグ : つけ麺

23:06  |  春日井市  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/77-c538525a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。