--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05.11(Tue)

10-103 つけ麺 ぎんや@東区

ストック放出⑧

一番舎へ行こうと偶然前を通りかかったら、奇跡的に行列なし。
これは目的地を変更してでも寄らねばなりますまい。
初回なので無難にベジポタでも良かったような気もしましたが、
自分の中に何か刺激がほしかったのかもしれません。
ハバネロという文字が目に飛び込むやいなやボタンを押していました。

tsukegin_habanero
ハバネロ 800円 麺増量(100g)100円UP

つけ汁の入った石の器がコンロで直火にかけられ、
麺の茹であがりを待っている間に油や魚粉などが投入されます。
ハバネロと思われる物体もこの段階で投入されるわけですが、
その器に関しては誰も味見をしないという不気味さが、
待つことしかできないワシを更なる不安の淵に追い込んでいく。

つけ汁が煮立ちすぎて表面は泡か灰汁かわからん状態ですが、
それを箸で避けると、やけにドス黒いスープがワシを待ち受けていた。
グェッ・・・
思わず吐き出したくなるほどの辛さで唇と舌が痛くなり、
心なしか息づかいが荒くなっていた。
そして額や頭皮はおろか、全身から冷たい汗も噴き出してきた。
ってゆーか、「汗」というよりむしろ「汁」に近い感覚です。

この辛さは味わうとかそういうレベルではなく、
つけ汁から素材が全く想像できないほど。まさに地獄であります。
もちろん麺はつけ汁に半分しか浸けることもできなかったが、
全粒麺の風味などは尋常ならぬ辛さの前に一瞬で消し飛んでしまった。
そして、給水所は1箇所しかない・・・。
これが店内でなかったら絶対にのたうち回っていたであろう。
さすがに見苦しいのでじっと我慢して耐えましたが・・・。

ワシは辛さに特別強いというわけでもないが、弱いわけでもない。
ただ、ハバネロの経験値があまりないことも事実であり、
なめていたとしか言いようがないが、ひとこと言っておきたい。
絶対に分量がおかしいと思う(笑)
単なる負け惜しみですけど・・・。

タグ : つけ麺

22:00  |  東区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/737-fbd94356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。