--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.16(Tue)

09-137 牛乳屋食堂@横浜市港北区(新横浜ラーメン博物館)

縛りその① 『ラ』複合施設で食べる 1杯目

なにを隠そう、ラ博は初訪問なのです。
そりゃそうでしょう。ブログを始める前はそこまでヲタじゃなかった。
だからラーメンのためにわざわざ新横浜くんだりまで行くわけがない。
しかしブログを始めた以上、いっぺん行かねばならんと思うようになり、
今回は仕事にかこつけて縛りを作ったという、何とも浅ましい企画です。

さて、ここで新横浜ラーメン博物館について触れてもいいのですが、
無駄に画面を使用して終わりそうなので、リンクを貼っておきます。
そこで穴が開くまで見ていただくとして、話を進めます。

2009年は9つの銘店が出店しておりますが、
いくら『ラ』複合施設で食べるというお題目でも、全部食べることは敵わぬ。
まずは期間限定店である牛乳屋食堂へ訪問。
福島県は会津若松の人気店で、もともとは牛乳屋からスタートした店です。
本来ならカツ丼とラーメン、最後に牛乳で〆るべきなんでしょうが、
これをやってしまったら、胃袋が終了してしまうので、本日は麺だけ。

gyunyuya_defo
ラーメン(中太麺) 700円

麺は+50円で太麺を選択することもできますが、ここは普通に。
とはいえ、福島県ですからねぇ・・・何となく喜多方ラーメンの流れ?
麺は平打ち麺なので、ついそう思ってしまうのですが、
喜多方は喜多方、会津は会津ということで、微妙に違うらしい。
スープはやや油を多く感じる・・・これは豚骨によるくどさなのかな。
そのほか、鶏ガラや魚介、野菜などが加わる。
「日本一ラーメンを食べた男」大崎裕史氏によれば、
会津ラーメンのほうが鶏の割合が多めとのことですが、
そんなことはワシにはわかりません。
喜多方ラーメンだって御当地のものは過去に1回しか食べていないんだから・・・。

スープはしっかり煮出した滋味深さは感じるものの、
今ひとつスープにパンチがなく、一体感に欠ける思いがあったので、
つい、目に入った胡椒を・・・あーやっちまったなぁ。
一振りしてみたが、これといった効果なし。
しかし、今度福島へ訪れたら、もう一度食べてみたいです。
こういうラーメンは飽きないんですよね。


所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館内
営業時間 平日11:00-22:00  休日10:30-22:00
       ラストオーダーは22:05  閉館は23:00
休館日 年末年始
入場料 大人300円、小人・シニア100円
      3ヶ月フリーパス500円、年間フリーパス800円

タグ : 武者修行 中華そば

22:00  |  『ラ』 複合施設など  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/423-7e074b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。