--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.11(Thu)

09-134 菜紅林@多治見市

saikourin1
数ヶ月前からこの店の存在が気になっていた。
3月の縛りのときに行っても良かったのですが、ちょっと怖くて・・・
まさかこんなところにラーメン屋があるとは思えない。
何かの間違いでは? ホントに営業しているのか?
そんな気持ちが頭を支配していたのです。

saikourin2
本日意を決して通ってみたら回転灯が回っている。やっとるではないか。

saikourin3
しかし、ここ、どう見ても民家だよ。
もう少し庭木の剪定をしてくれると嬉しいのですが・・・。

saikourin4
ついに玄関まで来てしまった。営業中だって。もう突撃するしかありません。

玄関を上がって靴を脱ぎ、廊下を左に折れる。
突きあたったところは日本家屋でいう客間に位置するところ。
2部屋ぶちぬいて座テーブルが3つならべてあった。
普通の家なら仏壇があったりするものだが、さすがにそれはない。
ってゆーか、隠してあるかもしれないが・・・。
床の間には掛け軸がかかっており、何とも異様な雰囲気。

先客1人が老店主と談笑していた。おそらく地元の方であろう。
うーん、にわかに信じられない光景である。
すると、奥からお婆さんが出てきて案内してくれた。
席に座って・・・といっても畳の上の座布団だが・・・。
注文を済ませて数分、ようやくここが店であることを理解し始めていた。

saikourin_taiwan
台湾ラーメン600円

うーん、昔の記憶が取り戻せない。こういう台湾ラーメンだったのかな?
基本的に醤油ですが、さっきの店みたいに鶏ガラ全開ではなく、
昆布などの魚介や野菜が中心といった感じですかねぇ。
辛さは控えめで滋味深さもそこはかとなく感じるものの、
モヤシもシャキシャキして太いですし、ちょっとワシの好みとは言い難い。
昔はものをおもわざりけり・・・か。

食べ終わった頃、「びっくりしたでしょう?」とお婆さんが話しかけてきた。
そりゃーもうびっくりしますわ。
菜紅林はもともとは土岐市妻木町のバローの一角にあった店である。
(もっともその前はワシも知らんが・・・)
バローから移転して現在地から数百メートル南のところで営業していたが、
そこも立ち退きになって、一度は引退したという。
「あぁ、す奈は(この辺じゃ有名なうどん屋です)の南側ね、やっぱりそうかね」
「でも年金だけでは食べていけんからねぇ、また始めました」
「あぁ、そーなんですか」
「店の名前を変えると、こんな民家だからお客さんがわからんと思って・・・」
「ほーやねぇ。ワシも半信半疑で入ってきたでねぇ」
「まぁ、細々とやっとるでねぇ、休みも適当で・・・」
「そーですか、また来ますわ、ごちそうさまでした」
(たぶん来ないと思う)


住所 多治見市宝町のこのあたり
営業時間 11:00-14:00 17:00-21:00
定休日 不定休
電話 0572-23-9324

タグ : 台湾

22:00  |  移転・閉店  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●No Title

これは凄い
天然記念物クラスの大発見ですな
ジアンビ | 2009年06月12日(金) 00:46 | URL | コメント編集

屋号が違ってたら、絶対に訪問してません。
まぁ、これは余興みたいなもんです。
年金の足しになるよう、ぜひ行ってあげてください(笑)
しんだま | 2009年06月12日(金) 23:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/416-30ccda57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。