--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09.14(Sun)

08-165 ぶっこ麺@多治見市(5)

数日前の「どですか」を見ていたら、ぶっこ麺のカップラーメンが発売されるんだってね。
おそらく期間限定だろうけど、10月から発売だとか・・・。
宮地さんのお気に入りという魚ダシ麺(しょうゆ)の商品化に先立ち、
ワシも久しぶりに食べてみることにした(意外にミーハー?)。
実はワシ、この魚ダシ麺(しょうゆ)はオープン当初に食べて以来である。
なぜか? あまりおいしいと思わなかったからです。

当時のワシは豚骨舌を地でいく単なるラーメン好きでした。
そのため、ブシの濃いラーメンには拒絶反応すらありました。
そのあとで1回、塩も食べましたが、やはり感想は同じ。
当時はつけ麺も「外道」ということで、あえて食さず。
それ以来、ブログを始めるまでは、ぶっこ麺には全く訪問していなかったのです。
食べ歩きを始めてからは、舌の構造がかなり変化しましたので、
昨年からはそこそこ利用させてもらっていますが、
魚ダシ麺(しょうゆ)とは久しぶりの再会ですから、ちょっと楽しみです。
宮地さんとワシの舌はどう違うのか・・・これも楽しみです。

bukko_syouyu
魚ダシしょうゆ(中盛) 780円

スープを一口。
ん?こんなに豚骨利いていたかなぁ?確かにブシは利いているけど。
オープン当初からずっと通い続けていたわけではないので、
正確な記憶があるわけでもないのですが、こんな味ではなかったような・・・。
おそらくオープン当初より動物系を強く感じるような気がする。
そしてこの味は、つい最近何度も食べた、記憶にも新しい味です。
つまり・・・つけ麺のスープとほぼ同質ってことです。
スープ割りをすればこの味に限りなく近づくのではないだろうか。
ふふーん?なるほどねぇ・・・。
期待するところが少し違っていたようですが、ある意味では興味深かったです。
もちろん、トロッとした脂身を潰して濾したあのスープですから、
やや太のモッチリ麺には食いつきがいい。
頭に抱いたイメージではなかったけれど、これはこれでおいしかった。
記号だけ並べたら和風豚骨醤油ということになってしまうが、
スープのコク、深み、キレ、そのへんの豚骨醤油にはない味わいです。
ちょっと脂分が多すぎて、スープが全体的に重いような気がしますが、
あとは好みの問題でしょう。

タグ : 醤油

22:00  |  多治見市  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/266-79d528ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。