--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01.11(Sun)

09-007 R@千種区

noimage
つけ麺(特盛り) 950円

何を血迷ったのか、あまり考えずに券売機のボタンを押してしまった。
前回は中盛りを食べて余裕があったので、ついやってしまったのだ。
席についてから、片らけのガツン盛りで瀕死しそうになったのを思い出した。
「シマッタ!」と思ったが、時すでに遅し。
果たして、出てきたものは・・・・丼てんこ盛りの麺であった。
写真がないのでイメージすることは難しいと思いますし、
ワシも店員さんに確認しなかったので想像で書きますが、
おそらく普通盛りで300g 中盛りで450gではないかと思う。
同時に出された隣の人の中盛りの1.5倍はあるんじゃないかと感じたので、
ひょっとして600gぐらいあったのではないだろうか。

味わったのは最初の一口だけ。
動物と魚介が織りなすワシ好みのつけ汁は望むところである。
麺の固さ・太さは「らけ」にしては大人しめの設定で、とっつきやすさはある。
感想はそのくらいにして、あとは格闘モードに入ります。
すでに余はハナ垂れたのである。

この店では許されるのかどうかわかりませんが、
ら・けいこでは麺を残すと叱られると聞いたことがある。
真偽のほどはわかりませんが、そうならないよう必死に麺を啜るワシ。
十字架・・・いや、聖帝十字陵の最後の石碑を背負ったシュウのような気分です。
隣よりも速いペースで食べるものの、なかなか麺が減らない。
やはり中盛りプラスアルファがワシの限界なのか・・・。
身体からジワリと汗・・・いや、これはもう「汗」ではなくて「汁」だよ。
あかーん、もう限界じゃぁぁっ・・・!
店員さんが目を離した隙に席を立って逃げてしまおうか・・・
と同時に・・・つけ汁がなくなってきた。
そりゃ中盛りと同じ量しか入ってなかったもん、最初から無理があるわ。
つけ汁の追加は有料で券売機にあるが、そこまでする必要もあるまい。
それに、できることなら食べなくて済むような方法を模索したいし・・・。
あと3口、何とかならんか? と、ここで目に入ったものが花椒。
これやーーーーっ!
この店のウリとも言える代物なれど、実はまだ使ったことがないのである。
ワシ、香りの強いものはあまり得意じゃないので、無意識に避けていた代物・・・。
2振りしてみたが、実に凄い香りですね。花椒に引っ張られるように完食です。

いやー、こんな危ない橋を渡るのはもうやめよう。
助っ人がいないときにはリスクが大きすぎる。

タグ : つけ麺

22:00  |  千種区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/229-c48e68f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。