--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.01(Mon)

08-223 第一旭@中区

daiichiasahi_nishiki
ラーメン 790円 (写真失敗です)

錦では久しぶりに食べるので記憶が曖昧ですが、こんなに高かったかな?
場所が場所だけに仕方がない面もあるとは思うのですが・・・

動物と醤油を合わせたシンプルなスープ。
どちらかと言えば鶏が主ではなかろうか。
カウンターから厨房を見ていたのですが、
素人目には適当に作っているように見えてしまうんですよね。
(実際はそうでもないんでしょうけど)

麺をゆでている間に釜のスープを柄杓ですくって丼に半分注ぎ、
ゆで終わったら湯を切ってガバッと丼に投入。
再び釜からスープを柄杓ですくって丼のスープを足し、
量が少ないと見るや、さらにもう一足し。
けっこう勢いがあるので、この間にスープが丼から飛び出すのですが、
そんなことは一向にお構いなし。
スープが並々になるまで足すのでそうなってしまうのですが、
これらの過程は淡々進み、モヤシ、チャーシューなどの具をこれまた無造作に乗せる。
丁寧という言葉は無縁じゃないかと思えるのですが、
それでもスープを口にすれば、ちゃんと味になっているから不思議でしょうがない。

さらに横の釜から柄杓で水(湯?)を一杯すくってスープの釜に入れて味見もしない。
ワシの丼に注いだものより薄まっていると思うのですが、大丈夫なんでしょうか?

麺はストレートのツルッとした舌触り。スープとの絡みも悪くない。
何となく結果オーライ的ではあるものの、食わせるだけの力がある。
ワシ的に醤油+モヤシはNGのはずなんですが、全く気にならないし。
途中からお約束の胡椒を入れ、さらにインスタント麺に近い味を楽しむ。
体に悪そうな雰囲気はしっかりあるけれど、
妙に安心感があって嫌いじゃないんですよね、この味は。

というわけで最終確認終了です。
いやー、この1週間は精力的に食べました。
間に何杯か別のラーメンも挟みましたが、宝屋、天下一品、
そして本日の第一旭。この3杯は意図的に食べました。
こう書けば勘の良い方はもうおわかりでしょう。
そうです、これは武者修行の前哨戦というわけです。
2008年冬の陣を京都・大阪で行うことになりました。
なんて言いつつ、この記事が更新される頃にはすでに現地の人です。

タグ : 醤油

22:02  |  中区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/167-65cd82be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。