--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.07.21(Sun)

13-102 麺屋 和@可児市(5)

限定目的で訪店したが、よく考えたら限定は基本夜提供だった。
しかし、入店してしまったからには今さら帰るわけにも行くまい。
ここは唯一未食となっているつけ麺をいただこうか。
大盛にしなかったのは、それほど期待していない証でもある。

kazu_tsuke
つけ麺 750円

予想どおり皿はキンキンに冷えて出てきた。当然だが麺も通常より冷たい。
前回の味噌つけ麺はつけ汁が冷え冷えになってしまって満足できなかった。
その体験を活かすとなると・・・
つけ汁に全て浸けてしまっては皿まで冷やした意味がないはず。
むしろつけ汁の方も冷やした方がいいのだが、それはしていない。
ならば半分だけ浸けて食べることしか思い浮かばないのがワシの脳漿。
だが・・・
半分でも十分絡むんですよね。つけ麺にしては麺が細いのもそのためか。
啜りはじめは清涼感があり、つけ汁に浸かった部分は熱を帯びている。
それが口の中で冷たい熱いが一体となった感じは何ともおもしろい。
つけ汁は醤油とバルサミコ酢のサラッとしたタイプなので、
甘辛い風味の中にもキレがある。爽やかな後味だった。


満足度 ★★★★☆ 4.2
最近は濃厚魚介のまったりつけ麺ばかりだったので、たまにはいいね。
食べ方ひとつのことだけど、しょーもない小さな発見。だが、それがいい。

タグ : つけ麺

22:00  |  中濃・可児方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/1349-918ae847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。