--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.07.15(Mon)

13-098 THE富士@瑞浪市(2)

前回は白ゴマ坦々麺でしたが、こっちも気になっていたのでようやく再訪。

fuji_hot
ホットなラーメン(台湾) 800円

麺が見えないくらい台湾ヘッドが覆っていて・・・
でも、挽肉じゃないような。モヤシもニラもタカノツメも見あたらない。
何だろうと思ってレンゲですくってみると、スープからは強烈な魚介の香り。
カニか?エビか? いや、これはおそらくホタテではなかろうかと・・・。
他にも幾つかの具材が細かく刻まれているので正体は定かではないけど、
かなりの高確率でスープの中心にいると思われる。
そして、その周りには別の旨味も混在していて、なかなか難問です。
しかし、その疑いをワシは店主にぶつけることはしない。
いちいち種明かしを確認しないのがワシの食べ方なり。

いやー、何というか、旨いね。辛さはそれほどでもないんだけど。
こんな台湾があるのかと正直驚いたけど、感動の時間は最初の2分だけ。
舌に全神経を集中して食べていると、何だか妙な風味がやってきた。
これは・・・?
semedain ば、ばかな・・・!

一度そう思ってしまうと、もはや修正することはできませんな。
セメダインが頭の中をユラユラグルグル~・・・。

中華料理ならではの香辛料なのか、干して戻した食材もおそらく使われているだろう。
そういう食材が放つ独特の風味なのか、もはやワシの大いなる勘違いと思いたい。


満足度 ★★★☆☆ 3.6
気になって気になって、今夜は眠れないな。

タグ : 台湾

22:00  |  東濃・土岐方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ramenpoizoning.blog62.fc2.com/tb.php/1345-60659739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。