--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.31(Sun)

09-126 喜多楽@中区

縛りその① 東海麺友会詣 6杯目

多治見ラーメン部の活動2軒目(本日はこれにて終了)です。
なお、縛りもR.Q.Pも、この店への訪問を以て〆となります。
そういえば喜多楽へ訪問するのは相当久しぶりですね。
予定ではもう少し先のつもりだったし、その暁には今昔を食べるつもりだった。
しかし・・・部員の希望で本日訪問することになって予定が変わった。
ワシは、まだ食べる時期ではないので、本日は別のものを。
なぜか? それは来月以降の縛りに関わってくるからである。

kitara_rqp
鶏と魚介のつけそば(特製) 950円

何となく特製にしてしまいましたが、味玉と肉2枚増量で200円アップとは・・・。
マイクはデフォでオーダーしましたので、その差を見て愕然とした。
まったくオトク感がない・・・。やられましたね。
まぁ、どうせマイクから麺が送り込まれて来ることが予想できるので、
そこで人為的なオトク感を味わうとしますか。

エッジ麺であることのほか、魚粉を使わないということがウリのようです。
ただ、ワシにとってはさほど重要なことではなく、おいしければ何でもいい。
スープを飲んでみれば鶏の甘味と魚介の旨味がしっかり出ていますが、
けっして濃厚ではなく、あえてサラッとした味わいとなっています。
ただ、麺に乗ってくるかどうか、ちょっと心配もしてみるが、ギリギリかな。
エッジ麺だからこそ、その良さがわかるという、計算ずくな一杯にも思える。
普通の太麺なら、このスープはけっして麺に乗ってこないし、
魚粉が入ればおそらく麺が負けてしまうだろうし、そういう上品なつけ麺だと思う。
そもそも鶏に合うかどうかという点においては判断に困る。
好みかどうかを問われたら・・・まぁ、外角低めにギリギリ入りますね。

余談ですが、マイクには100%評価されないつけ麺です。
なぜならこの人にとっては、つけ麺は「外道」ですからね・・・。
「蕎麦はどんだけ食べても飽きないが、つけ麺は飽きる」と言って憚らない。
今回はチャレンジ精神を出して注文されましたが、
予想どおり残った麺がこっちに移籍してきました(笑)
1人前の麺量はけっして多くありませんが、この麺量でも飽きてしまうようです。
まぁ、この人はエッジ麺だろうが、どこのつけ麺だろうが結果は同じなので、
あまり気になさらぬように。
スポンサーサイト

タグ : つけ麺 限定

22:00  |  中区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.30(Sat)

09-125 醤屋@北区

ようやく初訪問です。
前回は馬王氏と申し合わせて現地で合流するつもりだったのですが、
定休日を知らなかったのでフラレました。
まさか祝日が休みだとは思わなかった・・・。
本日は多治見ラーメン部(またの名を豚骨の魁麺隊)の活動日ということで、
再びやってきました。

hishioya_sio
塩ラーメン 650円

エビ、ホタテなどの魚介が中心のスープです。
ダシで使われると苦手になるエビはそれほど気になることもなく、
僅かに見える焦がし葱も香ばしさを加えており、なかなかいい塩梅です。
ただ、もう少し輪郭がしっかりしてキレがあった方が好みかなぁ・・・。

麺は・・・何かよくわかりません。今までにないタイプ。
マイク的表現では、「冷や麦」
なるほど、確かに舌触りや喉越しは似ている。
ストレートタイプなのですが、麺がべったり箸にもたれかかる感じ。
食べている間、ずぅ~っと気になっていたのです。
ワシ的には少々違和感がありました。

全体としてはよくできていますが、感動までには至らず。
次回は醤油をいただいてみたい。


住所:名古屋市北区柳原2-16-10
営業時間:11:00-14:00  17:00-21:00
定休日:日曜日・祝日

タグ :

22:00  |  北区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.29(Fri)

09-124 極つ庵@安城市(2)

縛りその② 西三河・岡崎方面 7杯目

サブタイトル
「これがワシの誠意、結果は問うところではない」

gottsuan_tsuke
味玉つけ麺(大盛り) 850円+割引券使用

「熱いので気をつけてください」と、つけ汁の入った大きめの器、
そして「これで大盛り?」と思える極太麺。
ワシが思うに・・・玉子と海苔の位置関係が逆なのでは?
玉子は半分に切って麺の上、海苔は椀の中に角から半分差して・・・
これが「あるべき姿」だと思うんですが、違いますかな?
半熟の味玉をスープに浸してしまったら、せっかくの熱いスープが冷めてしまう。
まぁ、海苔はどっちの丼に位置しても、さしたる問題はないと思うが・・・。

スープは想像どおり動物+節ですが、想像よりも薄めでした。
極太麺のモッチリ感はいいのですが、麺の存在がありすぎる。
・・・というか、悲しいかな麺にスープが乗ってこない。
目の前の唐辛子に気付いたのですが、時すでに遅く、麺が終了・・・。
同じか否かを検証するために食べたつもりだったんですが、
前回のデフォのスープが思いのほか濃厚だっただけに、
逆に「惜しいつけ麺」という印象を持って帰ることになりました。
でも、駐車場は案内してくれるし、開店前に並んでいたら割引券くれるし、
なかなかサービスがいいじゃありませんか!

結果的には「想像のままにしておけばよかった」と思っていますが、
実際に食べてこの感想であれば、やむを得ないでしょう。
所詮ワシはその程度の舌しか持ち合わせていないみたいですわ・・・(汗)
ただ、言い訳がましくなりますが・・・デフォのラーメンについて、
「あれ?魚粉こんなに入っていたかな」
と書いておられるブロガーさんもおられます。
ワシの食べた日とは1週間とズレておりませんので、
双方のスープは、より近い位置にあるという見方もできるかと・・・。
もっとも、ワシはこれまでに1杯ずつしか食べていないので、
あまり大きなことは言えませんけどね。

タグ : つけ麺

22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.28(Thu)

09-123 日本晴れ@岡崎市

縛りその② 西三河・岡崎方面 6杯目

縛りはクリアしましたが、わざわざ高速を使ってまで遠征しておいて、
1軒で帰るなんてことは勿体なくてできません。
ここは通し営業の店を狙ってみましょう。
なんて格好良く書いていますが、実は玉響の次は本丸亭のつもりでした。
が、外に並んでいたし、玉響の「いなり」が効いていたこともあり、
腹ごなしにテキトーなところでパチンコ打ったら負けて・・・。
勝手に通し営業と思っていた本丸亭は・・・昼の部が終了していたという。
そんなオチもあって岡崎の通し営業店まで流れてきました。

nihonbare_mikawashiki
三河式豚骨 750円

パッと見は博多式。・・・にしては・・・ちょっと量が多いかな?
スープを飲めばそれなりに豚の臭いもしますが、アッサリですね。
(説明書きにもそう書いてあるので文句を言うつもりはありませんが・・・)
スリゴマと紅を投入して・・・これはこれで(・∀・)イイ!! じゃありませんか。
しかも食べ進めていくと、何だか途中からコクが出てきました。
チャーシューの塩気がスープに馴染んできたのかな?
博多式豚骨ラーメンにしては肉厚のチャーシューですが、
箸でほぐれる柔らかさでありながら、肉らしさも残している。
食べ進むに連れ、おぉ~だんだんエエ感じになってきましたよ~。
これが三河式ということかね?(←たぶん違うと思うけど・・・)。

スープが多かったので、さすがに完飲はできませんでしたが、
予定外の替え玉(150円)も追加してしまいました。

タグ : 豚骨

22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.27(Wed)

09-122 玉響@刈谷市

縛りその② 西三河・岡崎方面 5杯目(任務完了)

ナビは右折と言うが、赤いポールが並んでいて右折できんではないか!
次の交差点で・・・と思ったら、右折できる場所がなくて大府まで行かされた。
まぁ、知らない街に来ると、ナビの性能の悪さに思わず溜め息も出るが、
付近までは案内してくれるので、少々のことには目をつぶらないと・・・。
さて、ようやく辿り着いたところは、メインから1本外れた生活道路。
小さな看板を発見し、おぉ、あれか?と思えば普通の民家・・・。
しかし、ピークを過ぎた時間とはいえ、けっこう流行ってますね。

tamayura_takekunsei
竹燻製麺 650円

よく耳にする名前なので、初訪問の折にはそれを食ようと思っていた。
また、ここでは御飯ものを食べるつもりはなかったのですが、
目に入ってしまったので、いなり(50円)を2つ。
おぉ、ムック本で見たとおり、歪な丼がキターーーー!

スープを啜る。おーーーーっ・・・止めとこ。
あまり乱用しては申し訳ない。ひょっとしたら著作権あるかもしれんし(笑)
うーん、これが竹炭の香りというものなのだろうか。
ほのかに炭臭さはあるものの、まぁそんなものはじきに慣れてしまう。
それよりもスープが(・∀・)イイ!!
油と塩気は少々多めに感じるが、スッキリした味わい。
魚介の旨味もしっかり含んで、スープの輪郭が強調されている格好です。
一つ間違えたら吸い物になってしまうところですが、
主張が少ない細縮れ麺はこのスープによく合っており、互いに邪魔をしていない。
具も全体の歩調を乱すこともなく、1つ1つが満足できる内容。
チャーシューも燻製ですかね?少々炭臭さを感じましたが、
だからと言って、どうということでもない。あぁ、それもありかな、と。
麺は最後までコシを失うことなく完食、
そして・・・理想的な展開でスープまで完食。よっしゃぁ!

刈谷まで出て来るのは少々骨ですが、次回は他の麺も試してみたいと思う。
ごちそうさまでした。


住所:刈谷市中手町6-705
営業時間:11:00~14:30 17:00~21:00(土日は11:00~21:00)
定休日:水曜日

タグ :

22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。