--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.31(Mon)

08-47 爛々亭@中川区

今日はガイド本がないので、ケータイで検索してナビまかせです。
なんだ、ナゴヤ球場の南側か。中川区は東西に広いなぁ。

家系ということなので、例によって麺の固さ、味、油の調整をしてくれます。
MさんとUさんは麺固めでオーダーしましたが、
ワシは目の前のものが気になって気になって・・・
「ビ、ビール
2人と時間差ができてしまうのは少々気が引けるところではありますが、
すでに1本飲んでおりますので、ここは2人には辛抱していただこう。
目の前におでんがある以上、黙って見過ごすわけにもいかん。
先客の3人はすでにできあがってますし、何の障害もない。
それに、賭けに負けたのでMさんにも1本食べてもらわねばならないし。
とりあえず1本飲んで、改めてオーダーしました。

ranrnantei_defo
ラーメン 700円(デフォ)

固めでオーダーしたMさんは麺が固すぎると・・・想像以上のようです。
ワシのラーメンが到着するまでに1本食べてみましたが、
確かにこれは固すぎですね。まぁ、自業自得ですけど。
自分のラーメンが到着しましたので、箸をつけてみた。
家系なので言わずと知れた醤油豚骨ですが、
これ、デフォでもけっこう濃いですね。塩気、油気、しっかりしています。
麺はやや太目のストレート(おおむね)で、歯応えもいいし、よく絡む。
家系はあまり食べつけていないので、適切な言葉が見つかりませんが、
まぁ、普通に美味しいといっておきましょう。
自分のストライクゾーンの中ではちょっと捌きにくいコースですけどね。

先客の3人が居酒屋感覚で居座っていたから言うわけではありませんが、
「地元の住人がおでんつまみにビールを飲み交わしてダベってもヨシ」
そんな雰囲気をこの店に感じました。
ワシもあの近所に住んでいたら、しょっちゅう通うでしょうね。
スポンサーサイト

タグ : 家系

23:55  |  中川区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.30(Sun)

08-46 九州楼総本店@北区

春は別れの季節といいますが、ここでもまた1軒消えていきます。
3月31日をもって休店ということを聞いていたので、参列しようかと・・・。
今では話題にもなりませんが、20世紀はそうでもありませんでした。
ワシが名古屋までラーメンを食べに来るようになった頃、
九州楼は名古屋で10本の指に入るくらいの有名店でした。
この10年くらいで名古屋のラーメンもかなり変わってきましたので、
ついに時代の波が来てしまったかという感じです。寂しいですね。
入口には「建物取り壊しのため休店」と書かれておりましたが・・・
まぁ、それ以上の詮索はしません。閉店でも文句は言いません。

今日はMさんとUさんの3人で名古屋までやってきました。
最後なので店の前に行列を作っているか否か、串1本を賭けて勝負しました。
ワシ「とんぱーれが閉店するときも待たされて諦めたじゃないか」
M「あそこはそれなりのファンがいたと思うが、九州楼に限ってそれはない」
負けました。余裕で座れました。

kyusyuro
ラーメン 680円

今さらこのラーメンのことをどーのこーの書いてもあまり意味がないのですが、
ややコクの乏しいスープです。素ではちょっと物足りない。
ゴマで何とか立て直しを図りましたが、それでも物足りず、
いよいよニンニクを投入せざるを得ない状況になりましたが、
この程度はデフォの状態で出してもらえたらと思います。
麺はMさんは「ゆるい」と言っておりましたが、
ワシは特に何とも思いませんでした。許容範囲かな。

あの頃は美味しいと思っていたんだけどなぁ・・・。
残念ながらそれだけ美味しい店が台頭したということでしょう。
と同時に自分の舌も年齢を重ねてそれなりに肥えたということでしょう。
美味しい店がどんどん増えていくのは大変喜ばしいことですが、
時代の流れとはいえ、何十年もやってきた店が消えるのは寂しいですね。
栄枯衰勢は世の常ですから、仕方がないと言えば仕方がないのですが、
吹上店とか、他の店はやってますので誤解なきよう。

タグ : 豚骨

23:51  |  移転・閉店  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.25(Tue)

08-45 彰貴@春日井市

3/17オープンということです。
ちょうど到着したら席が空いた。こりゃ突撃するしかありませんな。
ランチタイムには小ライスか杏仁豆腐がつくようです。
すでに昼は済ませているのでホントは要らないのですが、
せっかく奥さんが丁寧に説明しているのに無下に断ることもできなかった。
ワシは杏仁豆腐に心が躍るタイプではないので小ライスを。
ラーメンは基本的に2種類。こってりタイプにはとんこつラーメン、
あっさりタイプには支那そばが用意されています。

syouki
支那そば 580円

鶏ガラスープに生姜の風味+花かつお=ええ感じや~!
生姜はあまり好きではないのですが、まぁ、許容範囲です。
甘味をしっかり引き締めて、シャープな味を演出しています。
麺は予想どおり細縮れ麺、歯応えもなかなか良く、
スープの持ち上げも良い。ただ、モヤシは不要でしたね。
その他の具はごく普通といったところ。シンプルです。
量的にやや少ないような気がしますし、アッサリ仕立てなので、
小ライスが余ってしまいました。が、
残すのは本意でないので、スープをおかずに何とか完食。
しっかり食べたい人はこってりのほうがいいかも。

タグ : 中華そば

23:47  |  春日井市  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.24(Mon)

08-44 満福@春日井市(09年、智勇に改称)

3/18オープン、楽喜の2号店ということらしい。

せっかくの休日、行動半径内の新店は行っとくしかないでしょ?
入口の券売機にはボタンが5つ。しかも1つは御飯。
まぜそばは近日発売ということで事実上機能していない。
つまり、ラーメンとつけ麺、つけ麺大盛りしかない。
何か券売機が哀れです。空いているボタンのスペースが何とも痛い。
つけ麺でも・・・と思ったのですが、初訪問なのでとりあえずデフォを。

麺の重さを測って、茹で始める。そして、その奥で別の麺をこねている。
遠目で見たところ太麺みたいなので、時間がかかりそうだ。
ようやく茹であがったか、と思ったら・・・茹であがったのは敵でした。
数分遅れて麺が茹であがり、ラーメン一丁お待ちどお!

manpuku_defo
ラーメン 650円

ややボリュームに欠ける二郎系って感じですか?
ワシはキャベツとモヤシが乗っていれば二郎系と勝手に思ってしまいます。
間違っていたらスンマソン。

スープは背脂が浮く醤油豚骨、一口目は豚骨臭を感じましたが、
すぐに消えました。言うなればこれがP波。
そして魚介の風味がS波となってやってきました。
しかし・・・パンチがない。非常に寂しい。
この太い平打ち麺と、キャベツモヤシ軍団に太刀打ちできません。
スープ自体はそんなに悪いとは思いませんが・・・
テーブルには割り箸と水以外は何も置かれていない。
厨房の中におろしたニンニクが入っていそうな容器、一味などが
置いてありましたが、一言も聞いてもらえませんでした。
この手のラーメンはニンニクなどを入れないとキツイです。
聞くべきかどうか・・・。しかし、厨房の面子ってもんがありますからね。
これがベストと思って提供した一杯だとすれば、なおさらです。
しかし、やはり格好つけずに聞くべきだったなぁ・・・。

タグ : 二郎系

23:44  |  春日井市  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.22(Sat)

08-43 横綱@一宮市

yokodsuna_oomori
ラーメン(大盛り)
 値段は失念しましたので、オフィシャルページなどでご確認ください。

ワシ的には大盛りを食べるつもりはなかったのですが、
同行者がワシのラーメンを少し強奪するというので・・・
大盛りというのはデフォの味が担保されないような気がするので
あまり注文しないんですけどね。
ほれ見てみぃ、言わんこっちゃない。
麺の一部がスープの表面からはみ出しとるわ。
まぁ、これは注文した側の責任なので、どーしよーもない。

ちょっとスープが甘いかな?と思うフシもありましたが、
まぁ、いつもどおりの味でしょう。
チェーン店にしては好きな部類です。
あえて力入れて評価しようとも思いませんが・・・。
食べたということで、いちおうアップしときます。

タグ : 醤油豚骨

23:40  |  資本系・チェーン店  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。