--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.10.08(Tue)

13-145 がんちゃ@山梨県甲府市

武者修行2013夏 前哨戦(終)

ホントはもう少しこの地に居座ってさらに東の方面へ行ったり、
吉田のうどんも食べてみたかったのですが、渋滞に巻き込まれる可能性が・・・。
そんなわけで、今回の武者修行はこの店で締めくくるとしますか。

gancha
レギュラーメニュー以外にもいろいろやってます。
店主に創作意欲があるのは良いことですが、ワシ個人としてはそれほど興味がない。
初めての店でそんな奇抜なものを食っていてはイカンですからね。
しかし、気の迷いか豪勢に最後を飾ってしまった。

gancha_tokuseisyouyu
特製ラーメン(醤油・あっさり・細麺) 920円

まぁ、よくもこれだけゴチャゴチャと豪華にトッピングしましたな。920円なら安いかも。
煮玉子、水菜、チャーシュー(豚&鶏)、海苔、青海苔、メンマ・・・
麺が全くと言っていいくらい見えませんね。気のせいかスープも少ないし。
というわけで、具の中から麺を引きずり出して食べることになるわけですが、
せっかく絡んだスープも具の重さで削ぎ落とされてしまっているような気が・・・。
スープ自体は動物+魚介のよくある味。美味しいですが、何となく勿体ない。
ネットの読者レビューに踊らされたかな。純粋に味わうならやはり廉価版で十分。
何度も食べて自分が納得している店で全のせするならそれもいいけど、
具を豪華に盛ると、それだけで美味しかったような気になってしまうからね。
以後、十分反省しよう (でもきっと懲りないだろうね)。


満足度 ★★★☆☆ 3.8
あと、1つのスープで4通りも選択肢を作らないでくれるかな?
麺は細麺と太麺と選べるし、スープはコッテリとアッサリが選べたのだが、
この記事を書いてる頃には自分のオーダーをすっかり忘れてしまった。
この組み合わせが一番うまいから、そうした。
そのくらい自信を持ってから世に送り出してもらいたい。
選択できるのは麺の固さとトッピングくらいで十分だ。


帰りは諏訪SAで給油しただけでノンストップで帰ってきた。
総走行距離約750km・・・やればできるもんだね。
2軒もフラレたのは計算外だったが・・・。

End
スポンサーサイト
22:00  |  山梨県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10.07(Mon)

13-144 凌駕@山梨県甲府市

武者修行2013夏 前哨戦⑥

白河ラーメンの「とら食堂」で修行されたという店があるので行ってみました。
いずれは御当地へ訪問したい気持ちもありますが、今はまだ遠くに感じます。

ryoga
店舗は国道から確認できるのですが、店の入口は国道を向いていないので、
裏の駐車場に回らないと営業しているのかどうかわからない・・・
まぁ、おそらく居抜き物件なんだろうね。

ryoga_teuchichuka
手打ち中華 680円

あっさりした醤油ベースのスープで、鶏と魚介でダシを引いているのはわかる。
麺は手打ちの平打ちで、しこしことした食感が楽しめる。
が、それ以外の特筆すべきところは感じなかった。水菜はうるさいだけだったし。
まぁ、普通といえば普通。修行に駆り立てられる材料は今のところなし。


満足度 ★★★☆☆ 3.2
松本を中心に展開している凌駕とはどういう関係なんだろ。
グループの中には白河ラーメンインスパイアという店もあるのだが・・・。
この店のことはHPに載ってないから無関係か?


To be continued

タグ : 武者修行

22:00  |  山梨県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.10.06(Sun)

13-143 蓬来軒@山梨県甲府市

武者修行2013夏 前哨戦⑤

富士川沿いに国道を上って・・・やはり高速でないと時間はかかるけど、
ナビの予想よりも早く到着したので、少しだけ甲府駅前を散策してみた。

shingen
甲府駅前でたたずむ信玄公は、何かこう・・・大人しいね。
川中島で謙信公と戦っているヤツの方が断然イイ・・・と言っても仕方ないけど、
とにかく駅前には信玄公がいて、少し歩くと一丁目sakabaかんすけという居酒屋がある。
否が応でも甲斐の国へ来たことを思い知らされたところで、昼の部いってみよう。


名古屋で蓬莱軒といえばひつまぶしで有名なんですが、
甲府で蓬来軒といえば支那そばにまつわる話で有名な店がある。
ま、ちょっと字が違うので並べて語るようなものではないのですが、
1964年に「支那そば」という名称を復活させたお店に表敬訪問しました。
入口の額には店主の支那そばへの熱い思い(愚痴?)が綴られている。
ちなみに お店のHP はもっと物騒な雰囲気が漂っていますが・・・。

houraiken

一瞬和菓子屋かと思いましたが(笑)、中に入れば奥に広い造りで、
テーブルと座敷が中心。カウンターは5席ほど。
家族連れが多いように見受けたけど、駅も近いし観光客かな?

houraiken_shinasoba
支那そば 700円

鶏と魚介のスープを縮れ麺が上手く拾ってくれるが、ちょっと味が薄いかな?
少し前に食べたお取り寄せのそれよりも、実物は味が薄くて物足りない。
というか、丼の大きさに合わせてテキトーに目分量で作っていたので、
何食も食べてそれが自分の基準になってしまっていたことが最大の原因。
とはいえ、自分のことは棚に上げつつ、お取り寄せの再現性の高さに驚いた。


満足度 ★★★☆☆ 3.9
何だかんだ言っても、ホッとする味でしたよ。ごちそうさま。
と、テキトーにお茶を濁しておこう。
お取り寄せの記憶があまりに鮮明だったので・・・。


To be continued

タグ : 武者修行

22:00  |  山梨県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。