--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.28(Fri)

12-117 おかや@敦賀市

2012年 武者修行夏の陣⑩

実はホテルにチェックインしてすぐに、ビールを飲んで軽い食事を済ませていた。
一力の営業時間に間に合わなかったので、諦めてビールを飲んでしまったあと、
思い直して1杯だけ食べようと、池田屋ごんちゃんに向かったわけですが、
その100mほど手前にその屋台はあった。
あれ? 確か「おかや」は屋台ではなくて店舗のはずだが・・・
でも、あるんだからしょうがない。もうヤケクソで行くしかないよね。

okaya_defo
ラーメン 600円

ごんちゃんと系統は同じですが、どーもスープの輪郭がはっきりしない。
もう少し醤油ダレを強くするか、潔く化調で整えてもいいだろう。
麺のタイプ及び固さはほぼ互角。というか、同じ麺かも。
お客さんは正直だね。
同じ値段なら、やはりごんちゃんへ行くと思う。お客さんの数がすべてを物語っていた。
とはいえ、約60年の歴史を持つ敦賀の屋台ラーメン、
それを2軒も楽しんだんだから良しとしましょう。
スポンサーサイト

タグ : 武者修行

22:00  |  福井県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.27(Thu)

12-116 池田屋ごんちゃん@敦賀市

2012年 武者修行夏の陣⑨

大失態である。パチスロを打っていたらつい熱くなってしまった。
さっさと終わって一力を訪問するつもりだったのですが、ARTが終わらない。
勝ってりゃ諦めもつくけど、粘って負けを半分にしただけですからねぇ・・・。
それにしても19時半の閉店はあまりにも早すぎる。
まぁ、悪いのは自分なんですが、予定時間にチェックインするのが精一杯でした。
仕方がないので予定外ではあるが敦賀駅近くの屋台に歩いてお邪魔することにした。
ラーナビによればこの界隈では一番人気があるようだ。

gonchan_defo
ラーメン(普通) 600円

スープは豚骨醤油ではあるが、あっさりしていてどことなく好来系。
紅ショウガを入れるのが基本スタイルのようですが、どちらかといえば胡椒の方が合う。
喉越しの良いストレート麺は少々緩いが、おかげでスープの持ち上げがよい。
先客も10人以上いて、なかなかの盛況ぶり。
うーん、なかなか・・・。
たかが屋台のラーメンと侮っていたが、意外に良く出来ていると思う。
というか、ほかの店がもっと頑張らんといかんでしょう。
そもそも全体のレベルを考えたら・・・いや、そこまでにしておこう。

タグ : 武者修行

22:00  |  福井県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.26(Wed)

12-115 笹はら@越前市

2012年 武者修行夏の陣⑧

福井市で是・空の訪問を取りやめたため、繰り上げ当選となったのがこの店。
もちろん腹具合が良ければどちらも食べたと言っておこう。
ただ、営業時間の兼ね合いで物理的に苦行を強いられることは明白だった。

sasahara_noukouchuka
濃厚中華そば(並) 700円

ここまできたら、もうつけ麺は食べない。最後まで汁有りで攻める所存でしたが、
このスープはどうしようもなく濃厚、赤味噌を溶いたのかと思ったくらいである。
最強の豚骨魚介系+鶏で、ぶっこのつけ汁や丸和中華に匹敵・・・いや、それ以上。
やり過ぎ感のある濃厚スープを持ち上げるのは、噛み応えのある極太麺。
相性は悪くないと思うが、強く啜ると飛び散りそうで、ワシワシと食べるしかない。
もちろんスープはほとんど残すことになりましたが、ダシ汁で割れば飲めるかも(笑)
ここまで濃厚にする必要はあるのかな。ここまでやれば個性と言うしかありませんが、
降参です・・・。
好みは分かれるところでしょう。やはり無理してもつけ麺にするべきだったか・・・。

タグ : 武者修行

22:00  |  福井県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.25(Tue)

12-114 岩本屋@福井市

2012年 武者修行夏の陣⑦

こちらも福井では人気店ですが、福井工業大学の近くにあるため、
まるせいとは客層が異なり、きっと若者がターゲットなんでしょうな。
店構えも今風な感じで、資本系の臭いすらします。

iwamotoya_defo
らーめん 730円

ウンチクによれば、店主は背脂に多大なる感銘を受けた方のようで、
その量たるや、チャッチャどころかビッシリ敷き詰められています。
そのスープが絡む多加水の縮れ麺は値段の割に何か安っぽく感じられ、
これがベストの組み合わせなのだろうかと、やや首をかしげたくなる。
もちろん試行錯誤を重ねた結果であると思いたいが、
だとすればワシの好みでないというか、ワシが年寄だからということでしょう(笑)
メンマに焼きを入れて香味をつけている試みは面白いと思うけどね。

このあと岩本屋の2ndブランドである是・空というつけ麺専門店に行くつもりだったが、
やめた。
連食につけ麺や二郎系は不向きなので最後まで迷っていたが、これで踏ん切りがついた。
場所的にも歩いて5分とかからんので、いつものように大盛を食べるのは無理だし・・・。

タグ : 武者修行

22:00  |  福井県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.24(Mon)

12-113 まるせい中華そば@福井市

2012年 武者修行夏の陣⑥

舞台は福井県へと移動する。まず向かったのはまるせい中華そばである。
2010年に開店した土岐市の「こじまや」がまるせいの一番弟子を謳っているが、
その「こじまや」へのリピート回数が一番多いブロガーはおそらくワシであろう。
今回福井県へ遠征するきっかけはこの一杯にあったといっても過言ではない。
いつか食べ比べをしようと思っていたが、いつしか2年の歳月が流れてしまっていた。

marusei_defo
中華そば 630円

細かいことを抜きにすればインスではなく、かなり再現できていると思う。
ただ、それでは食べ比べにはならないので気づいた点を少しばかり。
ダシの素材や醤油はおそらく同じものを使用しているのではないかと思われるが、
表面に浮く油の量が圧倒的に多いせいか、まるせいの方が丸い感じがします。
鶏の風味をより強く感じるのも、それと無関係ではなかろう。
固めのストレート麺はほぼ互角で、するすると入っていく喉越しがいいですね。
チャーシューはもちろん仕入れ先が違うと思うけど、同じ部位と思われ、
まるせいの方は固めで肉肉しさを残すが、こじまやの方はふっくら炊かれた感がある。
値段はこじまやの方が20円ほど高くなっていますが、
ナルトの有無かな?

厨房の様子が見えない構造なので何とも言えない部分もありますが、
丼から伺うことができる仕事ぶりは弟子の方が幾分丁寧な印象を受けます。
しかし、どちらも大人から子どもまで安心して食べられる中華そばであり、
安定した人気を誇っているのもうなずけます。ほぼ満席でした。

タグ : 武者修行

22:00  |  福井県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。