--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10.11(Mon)

10-216 いろは@富山市

昔、この店のお持ち帰りを土産としてもらったことがありますが、
昨年の武者修行では「大喜」を訪問したので、この店はスルーしていました。
今回は訳あって富山まで来たので、帰りの電車の待ち時間に寄ってみることに。
駅前のビルの4F飲食街にあるのですが、あちこちのテナントが撤退して・・・
この店とサイゼリヤしか残っていませんでした。何か寂しいですな。

iroha_blacktsuke
ブラックつけ麺 880円

「富山ブラック」は正直あまりワシの好みではないのですが、
ここまで来ておいて御当地ラーメンを食べないというのは罰当たりですよね。
というわけで覚悟を決めて席に着いたつもりでしたが、
店内を見回すと「ブラックつけ麺」というのが目についたので、
これ幸いとばかりに話のタネにはなるだろうと思って注文してみました。
昔からの老舗なら絶対にやらないと思いますが、商魂逞しいというかなんつーか・・・。

写真つきのメニューなのでイメージはできているんですが、
いざ目の前にブラックのつけ汁が出てくると何だか笑っちゃいますね。
もともとしょっぱいスープなので、酸味もへったくれもないでしょうし、
魚介が多少利いておりましたが・・・まぁ、こんなもんかと。
麺はノーマルな縮れ麺ですが、「冷や盛り」なので弾力はかなりのもの。
「もっちり」というより「ゴムを食ってる」感覚に近い←(そりゃ言い過ぎ)
さすがにつけ汁は良く絡みますが、味が単調なので中盤から飽きてきます。
麺量は通常の2倍あるというので大盛りにしなかったのですが、正解でした。
こだわりを全く感じさせないトッピングを箸休めにして・・・完食。
時流に乗ってブラックでも作ってみました
みたいな無理やり感に・・・ごちそうさまでした。

それはそうと、店内に富山県のラーメン本がありました。
毎年発行されているようですが、どこもかしこも盛り上げようと必死です。
もっとも、ワシはこっちの路面電車の方が興味深かったんですけどね。
toyama_black
うーむ、妙に納得してしまいました。
スポンサーサイト

タグ : つけ麺

22:00  |  富山県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.14(Fri)

09-198 大喜@富山市

武者修行~2009夏の陣~「乱打戦」 その5

ついに本場で賞味することになりました、富山ブラックですが、
過去にお土産のラーメンを食べておりますので、初めてではありません。
omiyage
ちなみにこれは麺家いろは製のお土産パックですけど、
富山ブラックはインパクトがありすぎて何杯も食べられないので、
今回は「いろは」ではなく代表格とされる大喜に的を絞りました。

daiki
太田口の商店街にひっそりとたたずむ大喜。
うっかりしていると通過してしまいそうなほど間口が狭い。
幟(のぼり)がなかったら気がつかないほど風景と同化していた。

店に入るとすぐ横が厨房、奥は両側にカウンターがある。
1人でやるにはこれしかないという造りですね。先客は4名。
カウンターには絵画のほかに芸能人のサインがズラリと並んでいる。
「ガツンと来ました」「クセになりそう」といったコメントつきで。

daiki_defo
中華そば(小) 700円

予想どおりのものが来ましたが、レンゲがない。このまま飲めってか?
スープは期待を裏切らずしょっぱい。胡椒もかなり乗ってる。
チャーシューは多めだが、赤身の部分が何となく生臭い。

確かに「ガツンと来ました」「クセになりそう」というコメントがわからぬわけではない。
しかし芸能人たるもの、お忍びでも取材でもいいんだけど、
著名であればあるほどネガティブなことは言えんでしょう?
これは「文化」と割り切るしかあるまい。
胡椒辛くてしょっぱい中にも何かを見つけたかったのですが・・・撃沈です。
これ以上書くと富山県民に叱られそうなので止めておきますが・・・。

予定ではこのあともう1軒行くつもりでしたが、心が折れてしまいました。
これはもう、さっさとホテルにチェックインしてビール飲んで寝たほうがいい。
というわけで、本日の食べ歩きは終了です。

タグ : 醤油 武者修行

22:00  |  富山県  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.13(Thu)

09-197 はじめ家@魚津市

武者修行~2009夏の陣~「乱打戦」 その4

義理を果たしたあとは東海北陸道をひた走り、ついに富山県へ突入。
しかし、富山ではブラックラーメンの大喜以外は食べる場所を決めていない。
らーナビ会員投票ランキングを見る限り、上位は醤油と豚骨ばかりで、
「これは・・・!」という店がないのだ。
まぁ、強いて言うなら味噌だけど、何だかな~。
高山では3連続中華そばだったし、ブラックといえば思いっきり醤油なので、
さすがに次はそれ以外のものにしたいが・・・お、家系があるではないか。
富山まで来て家系を食べる必要はないけど、ランキングが2位ということで、
魚津市まで足を延ばすことにした。

hajimeya_defo
ラーメン 630円

えらく色が濃いような気もするが・・・。
スープは鶏と豚がよく出てはいるものの、あまり乳化されていないし、
やはり醤油の味が濃いですね。そして海苔が・・・何か透けて見えるんですけど。
店主は吉村家の出身ということですが、吉村家ってこんなに濃くて薄いの?
それとも富山だから醤油を強くしている?
横浜へ行ったときに吉村家も食べておけば良かったなぁ・・・。
味はそれなりのものだったが、今ひとつ腑に落ちない気持ちで店をあとにした。

タグ : 家系 武者修行

22:00  |  富山県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。