--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.11.30(Sat)

13-174 博多らーめん なみへい@四日市市

野暮用があって四日市へ。随分と訪問していなかったので寄ってみた。
近年はメディアへの露出がほとんどなくなったが、
ワシの中の博多豚骨ランキングでは未だにトップクラスである。

namihei_defo
博多ラーメン 600円

店の前の道路を挟んだ自動販売機コーナーの中に、なぜか喫煙所がある。
第二駐車場に停めた車に戻るのも面倒だったので、寒空の下で30分。
まぁ、座るところがあれば我慢するのもまた一興。
閉店間際に飛び込んで、そこから30分待たされたわけですが、
濃度、野趣、旨味、どれをとっても満足の一杯でした。


満足度 ★★★★☆ 4.4
もちろん替え玉もしました。
2杯目はいろいろとぶち込んで博多ラーメンならではの醍醐味を堪能しました。

唐突ですが、
明日、重大発表を行います。

スポンサーサイト

タグ : 豚骨

22:00  |  三重県  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.06.27(Thu)

13-082 ともや@鈴鹿市

久しぶりの三重県、道路事情もあって遠征するのが億劫になる地域です。
初訪問ですが、用事のついでに立ち寄れる店など、たかが知れている。
ちょうど良いタイミングで通し営業の店があったので・・・それが動機。

tomoya_noukougyokaitsuke
濃厚魚介 800円   1月に訪問

何が濃厚かと問われたら、タレ部門(甘味と酸味)であると答えよう。
魚粉に頼ったありがちな味かなと思って食べてみたら少し違っていた。
個人的には好みでない方へ濃厚ベクトルが向けられていたので残念ですが、
全体的なバランスとしてはそんなに悪くないと思う。
麺も安易に太麺にしていないけれど、プリッとした歯ごたえは楽しめるし、
チャーシューは沈んで見えないけど、豚のほかに鶏チャーシューまで入っており、
「おっ」と軽く驚かせるものがあった。

何気にポットがあったので、久しぶりにスープ割りをしてみたが、
ダシ汁にショウガが仕込まれていて、思わず「ホッ」と一息ついた。
意外にこれが高得点だったりして。


満足度 ★★★☆☆ 3.4
通し営業というのはうれしいですね。

タグ : つけ麺

22:00  |  三重県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.16(Tue)

10-036 日の出らーめん@四日市市

訪問したときは「資本系」らしい程度の情報でしたが、
どうやらこの店の分店のようです。
①剛つけ麺(並) 750円
②剛つけ麺(大) 750円
③ガッツ麺DX 780円


hinode_tauke
②剛つけ麺(大) 750円

スープは・・・濃厚というよりはドロですね。
ただ、ワシの知っている「濃厚」とは少々意味が違うようです。
油でマッタリしすぎて、魚介はあまり感じることができません。
麺はモッチリとしていて、まずまず好みの麺といったところですが、
スープに浸けてしまうと・・・何か悲しくなってきます。
表面に1枚浮かんだキャベツって一体何やねん。
中からネギのブツ切りまで出てくるし・・・。
つけ汁のネギはこの店以来ですね。もちろん味は違いますが・・・。
途中からかなりの量の一味を投入しましたが、ほとんど影響なし。
たまたまワシのつけ汁だけだったかもしれませんが、
ブツ切りチャーシューは・・・ほとんど脂でした。

それでも何とか麺だけは完食してスープ割りを試してみた。
今どき流行のセルフのポットが用意されていましたので、
まずはレンゲに少量入れて割りダシのみ飲んでみたのですが・・・
aa_irane
普通、こういうのは和ダシじゃないのかね?
やや白濁した・・・動物系? けっきょく2~3口飲んで降参です。

麺はともかく、個人的につけ汁はNGです。
特につけ汁の具に至っては「あり得ない」範疇にある。
あくまで個人的な話ですけどね。

タグ : つけ麺

22:00  |  三重県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.15(Mon)

10-035 鉢の葦葉@四日市市

本日は限定が目的なので縛り解禁ということで。
しかし、限定は限定でもウォーカーの台湾には全く手をつけていない。
こんなことでいいのだろうか・・・。

hachinoashiha_seabura
煮干しらーめん背脂濃口醤油味(夜限定) 750円

煮干しと背脂でも、先日食べた燕三条系とは少々印象が異なりますね。
例えはムチャクチャですが、丸和が乾燥煮干しなら葦葉は一夜干しというか、
エグミよりも生臭さが気になるようなスープのイメージでした。
まぁ別の言い方をすれば「新鮮」とでも言いましょうか・・・。

しかし、前回もそうでしたが、とにかく麺が素晴らしいですね。
他店ではあまりお目にかかれない滑らかさと喉越しの良さがあります。
スープはさておき麺だけでも十分満足して帰って来られます。
ただ、モヤシは・・・このラーメンには不要ではないかと。
やはりタマネギの方がいいです。

余談ですが、これまで3回訪問して一度も並んだことがない。
そこそこメディアにも露出しているはずなんですが、
何とも不思議ですよね、ワシ的にはありがたいのですが・・・。
(これ以上は邪推になるので書きません)

タグ : 醤油

22:00  |  三重県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.06(Wed)

10-003 ぐんじ@三重県鈴鹿市

09年ストック放出③

「ぐんじ」といえばカワマタグンジ。それしか連想できません。
ま、ラーメンとは何の関係もないと思うので、先に進みましょう。

gunji_sio
塩らーめん 700円

左側の黒い物体は・・・海苔です。原形をとどめていないだけです。
少々塩カドの利いたスープではありますが、これはこれでいい。
スープに浮かぶタマネギの微塵切りがアクセントになっているし、
ほのかに何かを焦がしたような風味を感じ取ることができます。
麺は細縮れを使用しており、スープの掴みもOKです。
写真にはありませんが、焦がしネギ油が標準装備でついてきます。
といっても実体はタマネギですけど・・・。
一緒に撮っておけばよかったですね。単体ではかなり甘い油です。
これを途中から投入して食べろというわけで、
やってみると確かに風味は一変しますが・・・やらないほうがいいですね。
何も考えずに全部入れたらえらいことですわ・・・。

ワシ的には、「一杯で二度おいしい」なんてことはあり得んのです。
使用前使用後では必ず優劣がつきます。両雄並び立たずという諺があるように。
「じゃ、店主が『優』と思う方を最初から出してくれんか?」と言いたくなる。
まぁ、こういうのは「乙な食い方」と割り切ってしまえばいいのですが、
味の変化を楽しむだの、自分流にカスタマイズするだの、
そういう言葉を未だに受け入れられない自分がいるわけで・・・。
つくづく面倒くさい男だと自分でも思う。

タグ :

22:00  |  三重県  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。