--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.21(Sat)

13-181 麺創 なな家@豊田市(2)

ラスト・ラン⑦

だんだん挨拶回りっぽくなってきたから、
サブタイトルを「お礼参り」に変更しようかな(笑)
そう考えると、行っておかねばならぬ店は・・・意外に多いかも。
でも回りきれんから、やっぱりやめとこう。

nanaya_yamaroku
山六そば 850円

最初に食べ損なってから、ずっと食べ損なっていた山六そば、ようやく食べました。
鰹の風味が凄く上品なので、素材の味を損なわないというか逆に誤魔化しが利かない。
そんなスープですが輪郭はしっかりしているのでストレート麺でもしっかり絡むし、
しかも麺の風味が邪魔をしないので、最後まで美味しくいただけた。
850円という値段は仕方がないと思うか、立派すぎると思うか・・・そこが難しい。


満足度 ★★★★☆ 4.4
なな家さん、ありがとう! しんだまは普通のおっさんに戻ります(笑)
スポンサーサイト
22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.19(Thu)

13-180 濃厚軍団@豊田市(2)

ラスト・ラン⑥

noukougundan_gundanmori
濃厚ラーメン 軍団のせ 880円

二郎系は食べる気がないのでけっきょく普通のラーメンしか選択肢がないわけですが、
今日は思い切って豪華版にしてみた。しかし、出てきたものに心は躍らず・・・。
チャーシューが冷たいのでスープも若干温いし、海苔3枚もまったく有り難みがない。
みずみずしい多めのネギは嬉しいが、もう少し水分を切って少なめの方がいいかも。
せっかくの野趣あふれる濃厚スープが・・・。


満足度 ★★★☆☆ 3.5
やっぱりデフォで十分でした。
22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.06.07(Fri)

13-080 よこじ@豊田市(2)

三河ブラックにするか、まぜそばにするか随分迷いましたが、
少なくともあと2回は訪問しようと思うので、とりあえずコレで。

yokoji_toripaitantsuke
濃厚鶏白湯つけそば(大盛) 750円+100円

ビジュアル的にどのへんが白湯なのかよくわかりませんが、
そこをあえて触れなければ鶏と魚介の・・・よくあるつけ汁。
まぁ、嫌いな味ではないのでいいんですけど。
低温調理されたチャーシューや、胸肉チャーシュー。
こだわりや思いは何となく伝わってきますが、それほど響くこともなく、
そんなことよりも、麺がかなり残念な状態です。
最後の方は短く切れた残骸になっていました。
繋ぎが悪いのか、茹で方が悪いのか、いずれにせよ・・・
そんなやわな麺ではこの記事に1つつけることなどできぬわっ!


満足度 ★★★☆☆ 3.2
とうわけで1つ減らしました。

タグ : つけ麺

22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.06.05(Wed)

13-079 濃厚軍団@豊田市

noukougundan_noukou
濃厚ラーメン 650円

名前のとおり濃厚、説明するまでもなく濃厚。
油も多いせいか、スープは熱々です。
タレの塩梅や化調によるところも大きいのかもしれませんが、
豚の臭みを全く感じさせない、わかりやすいスープです。
麺はストレートの中麺で加水率は高め。
いわゆる超濃厚醤油豚骨であり、九州のイメージはない。

しかしワシにはこんな陳腐な比喩しか思い浮かばない。
横○のスープを煮詰めたような・・・
ライトな仕様にしたらきっとこうなるのではないかと。


満足度 ★★★☆☆ 3.5
美味しかったけど、遠征してまで食すには及ばず。
もちろん地元にあればヘビロテになると思いますが・・・。
22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.05.23(Thu)

13-075 麺創なな家@豊田市

せっかく苦労して辿り着いたからには、1杯だけでは帰れない。
しかれども本日はすでに冒険する気分にはあらず。
ならば、まず外さないであろうこの店に落ち着くしかあるまい。

nanaya_kotteritorisoba
こってり鶏そば 800円

せっかくこの時期に訪問したならば、限定の「潮干狩り」を食べるべきか?
メニューを片手にかなり迷いましたが、先日の鶏そばが頭の隅で引っかかっている。
今回は自分なりの決着をつけておきたいという気持ちが勝ってしまったようで、
次に訪問したときにまだ提供されていたら食べよう・・・そう自分に言い聞かせた。

「こってり」というだけあって、なぜか背脂(?)がスープに。
確かに「濃厚」と表現するより「こってり」の方が適切であろう。
タレ感あり、化調感あり。バカ舌なワシが喜びそうな組立になっています。
麺は低加水の細麺。さっき食べたものよりもパッツリ感があってイイネ。
チャーシューは豚。予想していた鶏チャーシューは何処にも見あたらないが、
なにもそこまで鶏にこだわる必要はなかろうと思ってしまう自分が怖い。
水菜もナマではなく、火が通っていてうるさくないところも逆に好感が持てる。
繊細さは感じないけど、わかりやすくて馴染みやすいスープもアリか。


満足度 ★★★★☆ 4.0(暫定)
山六そばを食べるまでは暫定とさせていただこう。
自分でも信じられないのですが、実はまだ食べていないのだ。

22:00  |  西三河・岡崎方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。