--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.10.01(Wed)

08-179 かごや@熱田区

この店はラーメンのほかマグロの刺身が食べられるという、ちょっと異色なお店。
中央卸売市場がすぐそばにあるからなんでしょうか。
しかし、駐車場を探すのに苦労しました。この付近はまったくありませんね。
ようやく見つけたコインPから200mくらい歩きました。
入口のメニューには定食が3つ。「刺身」とか「どて」がセットになります。
刺身も食べてみたかったのですが、2軒目もあることなので、
デフォの中華そばを、を?・・・食べるつもりだったんですが、
「かごやらーめん」なる看板メニューみたいな貼り紙を見てしまったので、
とっさに予定変更してしまいました。

kagoya_kagoya
かごやらーめん 750円

「モヤシ、ニラ、ミンチを炒めてのせたピリ辛のしょうゆ味」
という触れ込みですが、まさしくそのとおりでした。
丼に乗った3つのトッピングの勢力が強すぎて、
スープのベースが何なのかはよくわからなくなってしまいましたが、
味としてはよくまとまっていると思う。普通においしいですね。
麺は中華そばらしく少々ゆるめ。
本日同行の「ゆる好きの金色さん」は喜んでおられました。

一つだけわからないことがありました。
このビジュアルは台湾と言っても遜色ないですが、
台湾らーめんは620円という価格設定で別にあるんです。
かごやらーめんの具は台湾らーめんとして不可欠な具でもある。
どこがどう違うんだろう? そしてこの価格差は?
おそらく台湾はもっと辛いような気もしますが、それだけってことはないでしょう。

この謎を解くためには、あと2回は訪問しなければなりません。
今度は地下鉄で行って、刺身をつまみながらビールでも飲もうかな。
まぁ、年内には地下鉄シリーズを敢行したいところ。いちおうここも候補です。
スポンサーサイト

タグ : ピリ辛

22:11  |  熱田区  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.09.19(Fri)

08-169 SHIGE@岐阜市

今月は訳あって岐阜方面の訪問が多くなっています。
まぁ、サンプルも少ないことなので良い機会ですけど。
ただ、大垣まで足を伸ばすのがおっくうで・・・
真屋や中村屋も訪問したいんですけど、そこまでの気力がなかなか・・・。

モヤシが入っていることは百も承知、あえてオーダーしました。
待っている間がヒマなので厨房の様子を観察してみました。
中華鍋にモヤシを入れ、数種類の調味料をブレンドして味を調える。
スープを鍋に投入し・・・???またモヤシを入れ・・・???
おお、これは先客の分か。次はワシのだな、もう1回見れてラッキー。
しかしやはり工程は同じ、特定の調味料を足すあたりも全く同じ。
つまりこういうことなのか。
炒めたモヤシ(おそらく生で投入)にスープを加えることによってスープに馴染ませる。
次に新しいモヤシ(おそらく湯通し処理済み)を加えることによって、
同じモヤシでも2種類の食感を演出していることになる。
ワシにとってはどうでもいい程度のモヤシですが、芸の細かさには驚く。
(まぁ、見ていて勝手に想像しただけなので、真相は違うかもしれんのですが・・・)
そしてその鍋の中身はそっくりそのままラーメンのスープになる。
これでモヤシの味が宙に浮くことはなく、処理としては文句の付けようがない。
ただ、モヤシを歓迎しないワシにとっては、食感の違いなどわかるはずもないが。

shige_pirikara
ピリ辛ラーメン (780円)

トッピングしたすりゴマがスープのコクを増加させ、何とも美味しいです。
スープに浮いた香味油の存在ももちろん見逃せません。
辛さは3種類の中からチョイスできますが、普通で十分な辛さです。
見たところ坦々麺風ですが、あえてピリ辛と謳うあたりがいい。
坦々麺にありがちな「説明できない味」は感じられないので万人受けしそう。
麺は中太の、どちらかといえば平打ちで、コシもしっかりしている。
また、スープの掴みも申し分ない。
さらに挽肉など細かい具のために、2種類のレンゲが用意されているのも嬉しい。
まんまと乗せられてスープまで完食してしまいました。ごちそうさま。

少し気になることがありました。
今回は オクサン(・∀・)イイ!! ということで(?)あえてスルーしますが、
次回も同じ状態だったら・・・書くかも。

タグ : ピリ辛

13:33  |  岐阜・西濃方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08.08(Fri)

08-137 鶴亀堂@長久手町(3)

この店もそろそろネタ切れなので、たまには変わったものを食べてみましょう。
前々回は味噌で失敗したので今度はこれです。

tsurukame_shisen
四川ラーメン 750円

モヤシでいきなり出端を挫かれましたが、気を取り直して・・・と。
ワシは中華料理の各種醤については知識がないので適当なことは書きませんが、
まぁ、いかにも四川っつう味は出ています。もちろんピリ辛で。
味噌に比べれば遥かに良い出来だと思うのですが・・・。

濃厚豚骨の味が損なわれることなく仕上がっているようですが、
豚骨白濁スープはそれ自体の存在が強すぎるので、
下手な小細工はしない方がいいような気がする。白濁はは白濁のまま食べるのがいい。
もちろん根拠はないです。ワシの直感がそう言わせるだけです。

タグ : 豚骨 ピリ辛

22:00  |  尾張・瀬戸方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。