--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.24(Sun)

09-119 めん喰い屋@大野町

この日は別にラーメンでなくてもよかったのですが、
よくある「仕事上の都合」というヤツでして・・・。
不本意ながら訪問しちゃうケースってあるでしょ?

揖斐郡大野町は岐阜から北西に直線距離で約13kmのところ。
郊外の田舎なので、食べ物屋もそんなにあるとは思えないし・・・。
そういうことも手伝ってか、店内は満員で少し待つことになったが、
カウンターとカウンターテーブル、座敷、ざっと40人は入れるであろう。
キャパとしてはかなり余裕のある造りである。

ラーメンはタレの種類だけでも醤油、塩、豚骨、味噌・・・坦々麺。
そのうえにチャーシューだとかネギだとか、バリエーションはかなりある。
いわゆる何でも屋ですから、ここで豚骨をオーダーすることはできない。
ここは坦々麺もしくは味噌しかなかろう。そうでなければ開き直ってデフォか。

gazounashi
ねぎ味噌ラーメン 750円

今日は仕事上の都合なのでデジカメを持ってきていない。
それに、今日のメンツではケータイで撮影することすら許されない。
残念ながらワシはあえて一般人を装うしかなかった。

麺はやや黄色かかった縮れ麺、太麺とまではいかない。
味噌の風味はどちらかと言えばライト。
八丁はあまり好きでないので、この時点ですでに好みではないわけですが、
動物系の出汁と化調で何とか体裁は保たれているといった感じ。
白髪ネギのおかげでスープが引き締まってくれたことが救いであった。
その他特筆すべきことは・・・見あたらなかった。

ファミリーで利用するには悪くないと思うが、ラヲタ向きではないですね。
ということで、単騎で再訪することはないでしょうね。
複数で再訪することは仕事上の都合で今後もあると思うのですが、
今回のように撮影ができないならば、ボツにするしかありませんなぁ・・・。
スポンサーサイト

タグ : 味噌 ネギ

22:00  |  岐阜・西濃方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.04.03(Fri)

09-077 将軍@尾張旭市

縛りその② 尾張・瀬戸方面 1杯目

本日の同行者は隊長だったので、IMASA「ラ」になってしまいました。
あ、二郎さんにはお断りしていませんし、リンクも貼っていませんが、
そんな小さいことでガタガタ言われるような方ではないと信じています(^▽^笑)

syogun_negitoro
ネギトロラーメン 850円(たぶん)

さて、この店には尾張旭がラーメン激戦区といわれていた頃に一度だけ。
今ではほとんど話題になったような話は聞きません。
再び訪問することはないかもしれないだけに、ぜひ試してみたいことがあった。
某板でいっとき紛糾したネタですが、ラーメンにトロロを入れたら本当に美味いのか?
ワシの興味は、その1点しかない。
この日はビールと唐揚げ、ギョーザを食べたあと、〆にいただいた。

想像してしまうとやや抵抗があるのですが、食べてみると美味いです。
各種ラーメンには「しょうゆ」と「味噌」があるのですが、ネギトロだけは「しょうゆ」のみ。
これはトロロが味噌に合わないということなんでしょう。
もちろん「しょうゆ」に合わないはずがない。
コレを麺に絡めながら啜るのですが、滑らかで流れるような舌触りが(・∀・)イイ!!
そして、トロロのせいでマイルドになったスープはネギがしっかり立て直してくれる。
麺についてはもう忘れてしまったが、忘れるくらいなので・・・。
コレに限っての話しかできないけれど、ラーメン自体はけっして悪くはない。
ただ、店内の造りやメニューの構成から一昔前の印象が拭えないだけ。
店員さんの愛想もいいし、混雑もなくゆっくり酒も飲めるのでワシ的にはOKです。

タグ : ネギ 醤油

22:00  |  尾張・瀬戸方面  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.02.28(Sat)

09-045 白川ラーメン@七宗町

縛りその② 中濃・可児方面 5杯目(任務完了)

滑り込みセーフですね。
白神とか伊藤家とか、有名どころへ行くこともできたのですが、
あえてここは「地雷に引かぬ」精神で行って参りました。
といっても、「そっち方面に行ったついで」ですが・・・。

国道41号線を下呂方面に向かって車を走らせると、
美濃加茂、川辺、七宗の順で通ります。
七宗町には日本最古の石があると言われ、
その博物館があるところ(入ったことはない)には、
七宗御殿というドライブインが併設(豪華なトイレがあるそうですが、使ったことはない)、
その敷地の片隅にあるのが白川ラーメンなのです。
ちなみに、その昔はタイムリー(コンビニ)でした。

駐車場から中を覗くと・・・テーブルは幅広の会議机、椅子は折り畳み椅子。
ちょっと時間も早かったけれど、先客ゼロ。夫婦2人がヒマそうにしています。
入店して大丈夫なんか!?
しかし今さら後には引けません。たのもー!

shirakawa_negi
ネギラーメン 690円

普通に塩とか醤油にしようかと思ったのですが、
人気NO.1と書かれた貼り紙に流されてしまいました。
なお、ネギラーメンは辛さが0~3で選べますので、手堅く「1」でオーダー。
店主のこだわりとして書かれていた中でネギラーメンに関する部分を抜粋すると、
麺は「玉子細縮れ」、ネギは「無農薬自家栽培」とあります。
果たして・・・
麺はほとんどストレートでした。まぁ、ぶっちゃけた話、茹ですぎですね。
しかし、スープは安っぽさは幾分あるものの、ストライクです。
おそらくは化調なんでしょうけどね。だが、それがいい。
辛さはタカノツメで調整してあるようで、ほんのり辛い程度でパンチもある。
チャーシューはやや甘目で小ぶり。ボリューム的には物足りないところですが、
まったく期待していなかったので、思いのほか満足してしまいました。
美濃加茂の某店よりは遥かにワシのゾーンに入ってますね。
ただ、あえてオススメはしません。
道中、食事に困ったときには騙されたと思って利用してみるのも一興かと。

タグ : 醤油 ネギ

22:00  |  中濃・可児方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.01.19(Mon)

09-013 麻麻@瑞穂市

縛りその① 5/9杯目
縛りその② 西濃・岐阜方面 2杯目


SPMKTさんの記事を見て、ピピピーーーンときました。
このビジュアル、この素材。そして今月の2翻縛りにもピタリと合致している。
これはもう突撃するしかありませんな。
もしも同じ感想が持てなかった場合は大変申し訳ないと思うが、
もはや勝敗は問うところではない(勝敗ってなんやねん?)。

mama_kamonegi
鴨葱麺 900円 (1日10食限定)
いやー、写真は完敗ッス ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

やや濁りのあるスープは鴨のダシが全開で、初っ端から唸らせてくれます。
さらに僅かに入ったブラックペッパーや一味などのスパイスが味を立たせており、
平打ちの中麺(全粒粉らしいね)にしっかりと絡んでくれる。
葱は見てのとおり3種類、白髪葱の上に乗っているのが自家製の葱ソース。
やや酸味があって、爽やかな・・・どう表現していいかわかりませんが、
これを柔らかな食感の鴨つくね、ちょっと固いカモ?という鴨肉のスライス、
焼きが入った白ネギなどの具にペロッとつけて食べると、これまたエエ感じやーーー!
などと思いながら食べていくうちに、気がつけば葱ソースが沈没しとる・・・
(T△T) そんなぁ…

丼の縁に貼りついている黄色いペーストは柚子胡椒。
食べるに従って味の変化を楽しんでくださいというもので、
最後まで楽しんで、かつ美味しく食べさせていただきました。

残念なのは、この麺を最初に食べなかったことです。
連食の2杯目だったことが非常に悔やまれました。
もちろん2杯目でも3杯目でも美味い不味いぐらいはわかりますが、
こういう繊細な部分になるとちょっとね・・・。
さらにサービスで小鉢まで出されてしまったりすると・・・
御厚意を無にするようなことだけはできぬと頑張り・・・
スープまで完食するに値する内容だったと思うのですが・・・男は黙って限界でした。
いやー、勿体ないことをしました。

タグ : 限定 ネギ

22:00  |  岐阜・西濃方面  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.11.04(Tue)

08-206 たなか屋@多治見市

tanakaya_yakinegisio
焼ネギ塩ラーメン 780円

ネギは焼いたものがスープに浮かび、生のものが上に乗る。
香ばしい香りが食欲をかき立ててくれます。
口に含めば焦げた部分と「ちゅるん」とした舌触りが楽しめ、
ネギ好きにはうれしい麺ではないかと思う。
鶏ガラベースのスープも熱々で好感が持てました。

チャーシューは小指大のものが何個か入っているだけで、
ボリューム的には少々物足りない感がありますが、
ネギを楽しむラーメンと割り切った方が良いでしょう。
麺は可もなく不可もなく普通ですね。
ラーメンとしては地味で一昔前の味と言われても仕方ありませんが、
全体的には無難な一杯だと思います。

同行者は店の入口で派手に宣伝されていた白ゴマ坦々麺を食べました。
スープを一口もらいましたが・・・温いですね。
一口で語るのは乱暴ですが、ちょっと旨味もイマイチでした。
たなか屋は「むねちゃん@羽島市」の暖簾分け店ですからね。
むねちゃんといえば今でこそ注目度は低いですが、
かつてはネギラーメンでタウン誌のページを飾った店です。
冒険したくなければ「ネギ」をいっとくしかないでしょう。

タグ : ネギ

13:30  |  移転・閉店  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。