--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05.17(Mon)

10-109 元祖タンメン屋@岐阜市(2)

ストック放出⑭(ラス前)

この日は終電がなくなった友人を岐阜まで送っていったのですが、
まさかこんなに早く再訪することになるとは思いませんでした。
ボツにしてやろうかと思ったのですが、今日は無辛にしてみた。

gansotanmen_defo
タンメン(無辛) 600円

デジカメとケータイを車内に置き忘れてしまったので撮影できませんでした。
まぁ、中央の赤い物体がないものが無辛と思っていただければ良いのですが、
ワシ的にはデフォの味が良くわかって無辛のほうが好みでした。
チープ感はより増すことになりますが・・・。
鶏ベースのスープにニンニク、塩、胡椒・・・シンプルかつ王道ですね。
食べやすくしたライトなベトコンみたいで、だんだん慣れてきました。
病みつき度は意外に高いかもしれない。

あとは「板谷の方が旨い」という意見にどう対処するかですね(笑)
スポンサーサイト

タグ : タンメン

22:00  |  岐阜・西濃方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.05.12(Wed)

10-104 元祖タンメン屋

ストック放出⑨

訪問したのはかなり遅い時間であったが、中に待ち客がいた。
このあたりに深夜までやっているラーメン屋などないので、
純粋に味が評価されて人が集まってきているわけではなかろう。
と、食べる前から言い切ってしまうワシ。
もっとも、かくいうワシでもこの時間帯に小腹が空けば、
ラーメン「でも」食いに行くかという発想になる。
「味の善し悪し」ではなく「営業しているか否か」で絞り込まれるため、
客層は「ラーメン好き」「ラヲタ」よりも一般人のほうが多いのではなかろうか。
ちなみに、ワシらの前で行儀悪く待っていた若いネーチャン2人は、
なぜかテーブル席に通されて半チャンセットを頼んだようだが、
彼女らはケータイを弄りながら、おそらく1時間近くは居座るだろう。
「人は見かけによらない」とはよく言われるが、
この場合は、「見かけ9割」と言う方が適切だろうね。
会計時に遠目に見えた彼女らのチャーハンはほとんど手つかず・・・。
暇つぶしならファミレスに行っとけ!

gansotanmen_defo
タンメン 600円(2辛)

前置きが長くなったが、味付けは塩、胡椒、ニンニクが基本、
大きなフライパンで人数分の野菜を炒めて下味を付け、
そこにスープを合わせるという、よくある味噌ラーメン方式。
味については板谷流なので今さら申し上げることもなく、
麺は低加水の細麺だが、バリッとした食感ではなく、柔らかめ。
平打ちということも少なからず影響している。
人数分まとめて作るという力技が通用するラーメンなので、
調味料の量が多少ブレてもあまり味には影響しないし、
メインとなる具は、クズ肉とクズ野菜に見えてしまうが、
それでも何となくまとまってしまう雰囲気があるので、
失礼ではあるがアバウトなラーメンだなぁと思えてしまう。
ただ、最近「またお前か系」に慣らされている舌には、
ちょっとした新鮮味と安堵感をもたらせてくれる一杯でもある。

正直このラーメンに600円も支払うのは抵抗もあるが、
「でもしかラーメン」だし、深夜料金だと思えば渋々納得もしようぞ。

タグ : タンメン

22:00  |  岐阜・西濃方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.10(Sat)

09-251 板谷@稲沢市(2)

金色さんのリクエストで再訪問となった。
せっかくの再訪問なので、前回とは違う絵にしたかった。
ただ、辛いのはあまり得意ではないんですよね。

itaya_tokusei
特製タンメン 650円

中央の赤味を帯びた餡を少しずつまぜながらスープを啜っていく。
いくらか酸味の利いた、しかもワシの苦手とする辛さではあるが、
胡椒とニンニクが実に大きな仕事をしている。
ジャンクさも相まって、それをあまり感じさせないから不思議だ。
麺は低加水でそれほどおいしい麺だとは思えないが、
逆においしい麺ではスープに負けて勿体ないような気がする。
何て言うか・・・個性的でクセになる味。そういう類のものでしょうね。
このタンメンでビールも十分飲めてしまうところがまたいい。

650円という値段だけなら他店と比べて高いとは思わないが、
麺の量が少ないし、具は豚肉の安い部分とキャベツのみ。
スープもそれほど難易度の高いものとは思えない。
そう思うとやはり割高感は否めない。
(さらに言うなら掘っ建て小屋には銭かかってないし・・・)

タグ : タンメン

22:00  |  尾張・一宮方面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.30(Sun)

09-214 板谷@稲沢市

ばりばり軒の2号店ということですが、初訪問となります。

itaya_defo
タンメン 600円

まずはデフォのタンメンということになりますが、何ていうか・・・
基本は塩味ですが、ニンニクと胡椒で体裁が保たれている感じがします。
中太のストレート麺もサックリしてはいるものの、麺の味が今ひとつ。
量は少な目だが野菜の輪郭はしっかりしているし、肉もある。
彩×ラーメンよりは具がゴミっぽくないのでまだマシかもしれない。

慣れてしまうと意外とクセになったりして(笑)
そんな雰囲気もそこはかとなく感じられる麺でした。

タグ : タンメン

22:00  |  尾張・一宮方面  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。